スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バス釣り始めました

2016年8月7日 久しぶりの更新


忙しすぎて釣りに行けてませんでした


仕事柄仕方ないのですが、例年以上の忙しさ・・・


少ない時間で海まで釣りに行くことも出来ないので近場で出来る釣りということでバス釣りを10数年ぶりに再開しました


とりあえず、昔使ってたバス釣り用タックルやルアーは全部処分していたのでベイトシーバスで使ってたエクスセンスDCに


セール中に購入したダイワのブレイゾン662MB(9千円弱)の組み合わせで、クランク、スピナーベイト、ワームを数点購入


6月初旬頃に行ってみると・・・


DSC_0128.jpg


ベイトシーバス用のPEをそのまま巻いて使ってたんですが、アタリが全然分からず・・・


ダイワ、デカピーナッツで45cmゲット


時期的にアフターなんだろうけど、プリプリしてました


からの~


DSC_0129.jpg


メガバス、グリフォンでゲット


多分、20cm位の小バス。この日はこれで終了







それからベイトリールのダイワ:タトゥーラと、色々なバス用品購入して、7月31日クソ暑い中またまた行ってきました


朝マズメの薄暗い中、ノイジー系ルアーのジャッカル:ポンパドールを連投するも反応なし


秦拓馬氏考案の、PDチョッパー改+アンモナイトシャッド5.5インチ+ツインブレード+ボーンラトラーSの組み合わせ


通称「暴れ神」 (こういう改造大好きなものでついつい作っちゃいましたw)


これを薄暗い中、街頭が水面を照らす方へ投げていると・・・


ゴン!!!!


めちゃめちゃ引くけど、ナイロン16lbを信じてゴリ巻


20160731-2.jpg


プリップリ!体高ヤバ!口デカ!


まさかの51cm


あっさりと昔の自己記録を追い抜いてしまった・・・


その後アタリがなくなったのでスピニングタックルでフィネスに攻める事に


スピニングタックルはセール中に購入した1万1千ほどのシマノ:ゾディアス268MLとアジングで使ってるツインパワーC2000S


これに、昔から大好きだったゲーリー4インチヤマセンコー、(昔は4インチセンコーって名前だったと思うけど?)


をノーシンカーワッキーで。色はドピンクで、釣具屋でひと際異彩を放つ色に惹かれて購入。


フォールで食わせたいので細かくシェイクしながらリフトしてはフォールを繰り返していると


自分がキャストしたコースのすぐ横でバスが大ジャンプ、からのエラ洗い


お、バスいるじゃん、でもなにしてんだ?っと思った瞬間ラインが横に走り出す


あー、君が食ってたのね。全然アタリがわからんかったわー


20160731-3.jpg


47cm。ドピンクでも意外と釣れた(笑)


からの~


4インチヤマセンコーのミミズっぽい赤色にカラーチェンジで手前のブレイク付近でフォールさせてると、ラインが右に走り出す


合わせるとすっぽぬけ


おいおいおいおいおい何やってんだ俺・・・もしかしてギルか?


同じコースに通すと、また同じ所で同じ様に右に走りだす


2秒ほど待って合わせると


20160731-4.jpg


40.5cm


この日、セミがクソ五月蠅かったのですが、トップの虫系ルアーには全く反応なし


カバーやシェードも一切反応なし


すべてオープンウォーターのブレイクで釣ってます


今回、夏=虫ルアーのイメージをもってバス釣りに挑んでいましたが


「季節=○○系」がいつでも通用するわけではないというのが良い意味で自分のイメージや先入観を打ち破ってくれました


「暴れ神」も本来、冬~春のボトムのスロー引きで活躍するルアーのようですが自分は「夏」で釣っちゃってます


昔は考えもせず、ただひたすら自分の好きなルアーを投げ倒すのがバス釣りにおいての自分のスタイルでしたが


海のルアー釣りに転身し、色々知識を付け、バス釣りに久々戻ってみると


その奥深さに感激してしまいました


やばい。バス釣り面白すぎ。まじで。


今の自分には「近場で手軽に出来る」というのがほんとに魅力的ですし、


9月後半までは海のルアー釣り(特にサーフゲーム)は厳しいと思うので、夏場はバス釣りをメインにしていこうと思います
スポンサーサイト

2015年11月22日東区サーフ

2015年11月22日(日)若潮


いつもの東区サーフ


今回は朝マズメ後満潮という事で、流れや地形の変化が分かり易い干潮頃まで粘るぞと決意し朝5時にエントリー


朝マズメは予想通り、潮は全然動いてなくて波も小さく地形の変化もわからない


テキトーに撃っていると30mほど離れた右隣の人が良いサイズのマゴチをゲット


やられた・・・


少しずつ移動しながらシャローエリアに差し掛かったところで


20151122-1.jpg


な、なんでやねん・・・・・・


毎回思うんですが、ルアーと同サイズのソゲはどうしてコレを食べれると思ったんですかね、不思議です


そうしているうちに又しても右隣のアングラーが良型マゴチをゲット


キィーーーーーーーーーーーーーー


悔しい&焦りからか、何時もは行かない最奥エリアまで足を伸ばしてみると、何かが表層の所々でボイル中


レッパやらエスクリムやらレンジバイブやらぶっとび君やら、色々投げるけど反応なし


以前似た様な経験から、「メタルジグ表層早巻きじゃ!」とメタルジグをフルキャストして表層巻きしてみると


ガスッ


20151122-2.jpg


青物かと思ったのに・・・


50cm位かな?まぁ釣れたからオッケーっと次を狙うと


20151122-3.jpg


良いサイズ!!今度は70cm位かな?


依然ボイルは所々発生中。さぁ次だ次だと・・・


20151122-4.jpg


シーバスの写真はコレだけですが、この日10匹ほど捕獲


外洋サーフで釣れたシーバスなんで一匹くらい持って帰ろうかと思ったけど


まるで、「俺たち河からやってきました」と言わんばかりの臭いだったので全部リリース


もう十分だと思い帰っていると、途中で離岸流発見


いい感じに潮位が下がっていて潮もガンガン走っていたので直ぐ見つけれました


「ヒラメ!でてこいや!」と気合でルアーを投げ倒しますが反応なし


波が高かったのと曇ってきたのでフラッシングの強いロウディーを選択し、離岸流に通じる横ヨブを攻めてみると


モソ・・・


ん?藻が引っかかったか?


ブルンブルン


ちょっ、ばれんなよ、ってメッチャ引く、何コレマジヤバイ


10分ほど格闘の末上がってきたのは





20151122-5.jpg




WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!


この日、粘りに粘った末に足も痛めソゲと臭いシーバスばかりだったので言葉に出来ない嬉しさがこみ上げてきました


ありがとうマゴチ。フックがお腹の方に回ってたから重たかったのね・・・


マゴチに感謝して美味しく食すことを誓い持ち帰る事に


っと帰っている途中で


20151122-6.jpg


シマノ ヒラメミノーⅢ125Fゲット


リーダーとスナップが付いてたんで、高切れした後波でサーフに打ち上げられたんでしょう


大切に使わせて頂きます




ロッド:モアザンAGS109MML
リール:10セルテート3012H(SPLワークス仕様)
ライン:G-SOULアップグレード1号

2015年10月24日東区サーフ

2015年10月24日(土)中潮


昼夜の温度差激しすぎ!


この日は朝5時の真っ暗な状態からサーフにエントリー


月明かりを頼りに波を見て、良いポイント見つけて朝マズメだけの決め撃ち勝負!


っと思ってたらそのサーフの一級ポイントには先行者が・・・


朝マズメを迎え先行者から100mほど離れた所の流れの強いポイントでルアーを撃ちまくりますが何も反応はありません


っと思ったのも束の間。先行者が良いサイズのサゴシを釣ってすぐに移動した為、じわりじわりとルアーを撃ちながら近づく事に


ここで投入したのがビーチウォーカーハウル


先行者の居たポイントに入って直ぐにヒット!


っと残り10m位の所で痛恨のバラシ・・・


ハウルの両サイドにデカイ3本のスリット状の傷・・・多分良いサイズのヒラメ・・・針がSPMHなら取れてたんじゃ・・・


なんでDUOの人はハウルの針をST46にしたんですかね?最近のビーチウォーカーシリーズは殆どSPMHなのに


SPMHの方がスプリットリングを通す穴が小さいからゴム管との間に遊びができるから?
ST46の方が安いからコスト面での調整?


合わせが下手なムントには断然ガマSPMHなのにぃぃぃぃぃ!


愚痴りつつ今度はレンジバイブを投入


っと着水と同時にヒット!


横に走る・・・サゴシだわ・・・っと思ってたらまたバラシ


も~(イライライライライライラ


諦めずレンジバイブを通していると沖のブレイクに差し掛かったところでヒット


どらっっっせえええええええええええいいいいいい!!


鬼合わせ(笑)


結構な引きだけどモアザンAGSなら余裕余裕(笑)


上がってきたのは


20151024-1.jpg


うん!良いサイズのマゴチ!


と撮影を終えてスマホをポケットに入れてたらマゴチが今まで見たこと無いほどの暴れっぷりで足元でローリング


ソックスウェーダーにレンジバイブのテールフックが刺さってそこからさらにローリングするものだからもうぐちゃぐちゃ状態


どうにかはずしてルアーを投げますが後が続きません


まぁマゴチ釣ったから上々や!っと海面観察しならが帰ってたら、流れの効いてる所でイワシが数匹ジャンプ


なにかに追われとるで!


たまたま付けてたビーチウォーカー120MDをキャスト


いきなりヒット!


上がってきたのは手尺で40あるかないかほどのヒラメ


20151024-2.jpg


多分、コイツは120MDじゃなくても釣れてたと思います


ベイトを追っかけまわしてた個体のようで、レンジバイブでも、サイレントアサシンでも、裂波でも、


なんでも釣れてたんじゃなかろうかと思います


日が昇って、防寒装備には殺人レベルの暑さとなったのでここで納竿


っあ、個人的には福岡の遠浅サーフにはミッドダイバー系のミノーは必要ないと思ってます


この日は朝マズメが満潮だったのでちょっと深めを攻めようと思ったのと、家で倉庫番してるのも可哀想と思ったので


ビーチウォーカー120MD持ってきましたが、底付近を攻めたいなら


ヘビーシンペンやバイブレーションやワームで十分だと思ってます(あくまで個人的主観です)


動きの質がバタバタとハイアピールなルアーが良いなら裂波で十分です(何回も言いますが個人的主観です)


↑こんな事言ってますが、メーカーの売り文句をすぐ信じて必要無いと思ってても買ってしまうタイプです(笑)


ロッド:モアザンAGS109MML
リール:10セルテート3012H(SPLワークス仕様)
ライン:G-soul X8 UPGRADE 1号

2015年10月12日東区サーフで新ロッド入魂式

2015年10月12日(月) 大潮


更新サボってました


「どうせ弱小ブログだし。見てる人少ないし。気が向いた時に更新すればいいや。」


↑こんな気持ちが加速して、自分がブロガーだという事をすっかり忘れてしまっていましたが、


また少しずつ更新していこうと思います


2015年10月12日、東区サーフに着いてみると強風で海は荒れ、正直竿を出すかどうか悩みましたが


新調したロッド、モアザンAGS109MMLをどうしても振りたくて無理やり出撃することに


長いサーフを観察しながら30分ほど歩いていると、離岸流発見


ちょうど離岸流を見つけた時、薄ら明るくなってきました。マズメ突入です


上げ5分位で波が高いという事で、しっかり水を噛んで泳いでくれるロウディー130F(イワシカラー)をチョイス


3投目、沖のブレイクラインの駆け下がりでゴツン!!


抵抗はするけど、わりとすんなり寄って来るので、サゴシかな?っと思ったら、波打ち際まで来た途端にエラ洗い


そこから沖に向かって走る走るw


「でゅうふふwwwシーバスでござるううううううううううぅぅwwwでゅうふふふふwwww」 ←(そこが離岸流だという事を忘れている)


で寄せたらエラ洗いからの突っ走りw


「うひょーwwwww楽しかばいwwwww」 ←(そこが離岸流だという事を忘れ、調子に乗っている)


ようやく波打ち際まで寄せ、波に乗せて打ち上げさせようとした途端、引き波で一気に沖へ


そこからエラ洗い連発。なんというタフ野郎


また波を利用して打ち上げさせようとしたら引き波に揉まれて沖へ・・・からのエラ洗い


「ちょっ、これやばくね?」 ←(あまりのエラ洗い数と突っ走りに焦りだす)


これを何度か繰り返しようやく捕獲。


20151012-1.jpg



「ん?結構いいサイズ・・・ってフック伸ばされてるし・・・あぶなかった・・・」 ←(本気で焦ってた)


ギンピカで体高もあってベイト食いまくりのぷりぷり71cmシーバス


その後はサゴシ2匹追加して終了


最高の新ロッド入魂式になりました




モアザンAGS109MML


1、ショアガン96MフラットフィッシュSPと比較した時、よりロングロッドなのに不思議と先重りが少ない
  (ショアガンより断然疲れにくく、モチベーションを保ちやすい)

2、強風下でもしっかりと竿を振り切れ、「飛ばないルアー」と思ってたロウディーがびっくりなほど綺麗な飛行姿勢でぶっ飛んで行く  (サスケ並の飛距離)


3、ティップは柔らかく、魚の突っ込みにも綺麗に追従していくのに、寄せるパワーはある
  (高い竿なので当然といえば当然かな?w)

以上3点が今回実釣した際に気づいた点です


特に1に関しては一番びっくりしています


「い、一応釣りに行ったけど・・・キャスト練習してきただけだよ(泣)」


↑こんな日も多いので、キャスト疲れ軽減は非常にありがたいです

20141220呼子アジング

12月20日(土)


渋すぎ&人多すぎ!


今回は呼子でアジングです


この日は寒波に加え、北西の風6m波2.5mとのことなので人少ないと思いきやどこの波止場も満員御礼^^;


ほとんどがアジンガー、エギンガーでした


私がいつも行くポイントはたまたまなのか人が少なく、いい所に入れたのですが、次第に人が増え一時間もしないうちに満員に


強風に加え魚の反応も渋く、潮の流れが強すぎて人が入れ替わり立ち代り状態でした


左から右への潮の流れが強すぎて0.8g~1gのジグヘッドだとアップにキャストしても流されダウンで表層まで浮き上ってしまうほどの強烈な潮の流れ


どうにか1.8g~2gでレンジを下げ、アタリパターンを探り当ててもヒットするのは豆アジ


アジを釣れずに帰ってしまう人が殆どの中、アタリパターンを見つけた私が一人豆アジパーティーしていると


「すみません、どうやって釣られてるんですか?」と声をかけられました


タックルを見る限り、いかにもな”アジンガー”さん(お高いタックルをお持ち)だったのですが


どうしても釣る事が出来なかったみたいで、ワームのカラーやレンジ、潮を流れを説明するとその方も豆アジパーティーに


しかし、豆アジしか釣れなかったのでサイズに落胆されたのか、ほんの1時間ほどで帰られてました


そりゃぁ10cm位の豆しか釣れなかったらみんな帰るわな^^;


人が帰っては新しい人が入ってきて、という状態が延々と続く中、状況が急変します


午前4時頃、足元から沖10m位の所までが左から右への強烈な潮の流れ。そしてその先の沖を流れる潮が複雑に


さらに手前の流れとぶつかってヨレが発生しました


そのヨレの中に、シーバスで言う「ヨレや払い出しの中にシンペンを送り込む」感覚でワームを潮に当て送り込むと


25cm程の中アジ連発


ただ、アタリがモソっとした”違和感”の様なもので


”コッ”の様な明確なアタリではない分あわせが難しかったです


しかし、その違和感を拾えたのは今回使用したロッド(ブルーカレント68)感度のおかげだと思います


チューブラーティップのロッドで、最近のトレンドである「高感度高弾性ソリッドティップ」よりも感度は抜群に良いです


ブルーカレントⅡが出たことにより、一度は手放すことも考えたロッドですが、手放さなくてよかった!


ホント、アジングって簡単そうで難しいですよね^^;  次回もがんばります。


20141221-2.jpg


ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレント68
リール:11ツインパワーC2000S
ライン:34 ピンキー0.2号
プロフィール

ムント

Author:ムント
福岡の東区をホームにシーバス、ヒラマサ、ヒラメ、アオリイカ、アジを季節毎に追い求める神出鬼没の変態ソルトアングラーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。